ホーム
初めての方へ
メニュー・料金
スタッフ紹介
診療時間・アクセス
ブログ

訪問介護サービスで利用できる保険制度

訪問治療は自宅にいながら鍼灸・リハビリ・マッサージ・機能訓練などを受けることが出来るものです。寝たきりや脳梗塞、めまいなどの症状があり、外出が難しい人にとっては、とても役立つサービスとなっています。しかし、利用者にとって何度も使用することにより費用を心配される方もいらっしゃるでしょう。保険制度を利用すれば、自己負担を軽減することが出来ます。

介護保険・医療保険

訪問治療には介護保険や医療保険などを使用することが出来ます。要介護認定を受けている人は介護保険が適用され、要介護認定を受けていない方は医療保険でカバー出来ます。介護保険を利用する際には、理学療法士やケアマネージャなどに相談し、主治医に意見書を作成してもらうように依頼をします。その後、理学療法士が計画書を作成しリハビリやマッサージを受けることが出来ます。

介護保険では介護保険内の回数分のマッサージを受けることが出来、医療保険であればかかりつけ医師の同意書をもらうことで回数制限なく受けることが出来ます。

自己負担額

介護保険の自己負担額は、年間の所得や年金収入の額で変わってきます。介護保険は2000年度に創設以来自己負担額は一律1割でしたが、2015年8月に内容が改正され年金収入が単身で280万以上、モデル世帯夫婦で年収359万以上ある場合は、自己負担は2割になります。それ以外の方は、今までと変わらず1割負担となります。

しかし、自己負担分を支払えば制限なくサービスを受けられるのではなく、1ヶ月単位で利用出来る費用は決まっています。医療保険では未就学児は2割負担、3歳~69歳までは3割負担、70歳以上は原則1割で、所得の多い方は3割負担となっています。訪問治療を利用される際には、これらの自己負担額を目安に保険制度を上手く活用してみてください。

大阪市城東区にあります当院は鍼灸マッサージ整体などの訪問介護サービスをご用意しています。高い技術力を持った施術者が対応致しますので、安心してご利用ください。お客様人一人合った施術法を提案し、ケアを行っていきます。また介護保険についてのご相談もお受けしていますので、お気軽にお問い合わせください。