ホーム
初めての方へ
メニュー・料金
スタッフ紹介
診療時間・アクセス
ブログ

ぎっくり腰の原因や対処方法について知ろう

欧米では魔女の一撃と呼ばれるぎっくり腰。改善を目指して整骨院を利用している人も多いでしょう。初期に間違った対処をするとぎっくり腰が悪化してしまう恐れがあります。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰になるのは様々な原因が考えられます。一般的には重いものを持ったり、体を捻ったりしたときに起こります。また、筋肉の疲れや姿勢の悪さ、肥満や冷えなども原因として考えられています。

ぎっくり腰になったらやってはいけないこと

マッサージやストレッチは行わないようにしましょう。痛みを和らげようと患部を揉んでマッサージする人も多いと思います。しかし、その刺激が炎症を余計に悪化させてしまう可能性があります。また、炎症を起こしている部分はとてもデリケートな状態です。そのため、筋肉を伸縮させる動きのストレッチは、火に油を注ぐ行為なので注意してください。

ぎっくり腰になったら

・まずは動かない
ぎっくり腰になった瞬間は、声を発することが出来ないほどの激痛が走ります。その場合、すぐに動くのではなく痛みがおさまるまでじっと待つことが大事です。焦って動く人も多いですが、それは炎症を悪化させる原因になります。心を落ち着かせて、痛みが弱くなるまで待ちましょう。

・横になって安静にする
最初の激痛が和らいできたら横になります。うつ伏せでも大丈夫ですので、自分が一番楽だと感じる姿勢で安静にしましょう。この際、座布団やクッションを利用するのがポイントです。一人ひとり楽に感じる体勢は違いますから、周囲の人は腰に負担がかからないように座布団やクッションで調整してあげてください。

・落ち着いたら氷で冷やす
ある程度落ち着いてきたら、氷や冷却材で患部を冷やしましょう。炎症を和らげるためにも冷却は大切なポイントです。個人差はありますが、痛みは2日間ほど続くことがありますので、その間は冷やすのを忘れないようにしてください。

正しい対処法にプラスして、早い段階で整骨院や整体院、病院などの専門機関を利用することで早めに完治することが出来ます。

大阪市城東区にある当院では、肩こり腰痛交通事故後の施術など様々な症状に対応させていただきます。城東区周辺で整骨院をお探しならぜひ当院にご相談ください。鍼灸や整骨といった施術を通して、患者の健康づくりをサポート致します。骨盤矯正なども行っていますので、何か気になる点があればお気軽にお問い合わせください。