ホーム
初めての方へ
メニュー・料金
スタッフ紹介
診療時間・アクセス
ブログ

鍼灸の歴史について

身体の悩みを解消する方法は、マッサージや整体・指圧・カイロ・アロマ等様々な方法が挙げられます。
その中でも注目を集めている方法のひとつが鍼灸治療です。

鍼灸治療と聞くと痛い・熱いというイメージがあると思いますが、実際には感じるか感じないほどの刺激です。
こちらでは、鍼灸の歴史についてご紹介しております。

鍼灸のはじまり

健やかで健康的な生活を過ごすために鍼灸治療を受ける方は増えてきております。
しかし、その鍼灸の始まりをご存知でない方は多いでしょう。

鍼灸の始まりは、日本ではなく今から二千年以上前、古代中国の黄河で誕生したと言われております。
鍼灸は、古代中国の自然哲学の「陰陽」「五行」「虚実」「気・血・水」などが基本になっており、古くから中国をはじめ、世界中の方々の健康維持を支えている施術方法のひとつです。

日本の鍼灸

鍼灸治療の発祥は中国とされておりますが、鍼灸の知識や技術が日本にやってきたのは6世紀頃朝鮮半島からと、かなり古い時代にすでに鍼灸治療がされていたことがわかっています。また、日本鍼灸の特徴である鍼を管に挿入した状態で刺入する管鍼法は、江戸時代初期に編み出されました。

明治時代になると、西洋医学が次々と導入されたことで様々な影響を受けましたが、現在では様々な身体の悩み解消に、副作用無く改善することが期待出来る有力な施術として幅広く用いられております。

快適な生活を過ごすために歴史ある鍼灸を生活の中に取り入れてみませんか。
大阪市で腰痛や肩こりなどの慢性的疾患はもちろんのこと、不眠症眼精疲労、不妊などにお悩みなら、城東区にある当院をご利用ください。

1918年開業以来、健康維持や美容不妊治療に役立てることが出来る鍼灸治療を行なっております。
熟練された技術はもちろんのこと、新しい技術を取り入れた一般鍼灸や美容鍼灸、婦人科鍼灸、交通事故治療など、様々な施術を受けることが出来ます。
また、安心して施術を受けていただくために痛くない鍼を提唱し、専用鍼や使い捨ての鍼をご用意しております。

かかりつけや信頼のある医療機関に診察や治療に行く感覚で、ぜひお気軽にご活用ください。