ホーム
初めての方へ
メニュー・料金
スタッフ紹介
診療時間・アクセス
ブログ

関目治療院 ブログ

2016年8月10日 水曜日

夏の片頭痛

 こんにちは、関目院の兵頭です。暑い日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 タイトル通り、季節がらの頭痛に悩まされておられる方も多いと思いますsun

 今回は、急に片頭痛が起こった時の対処法を簡単にお知らせしたいと思いますcancer


『冷やす』penguin
 夏の日差しは強いため、身体全体を熱してしまいます。これによって頭部の血管が拡張し、神経を刺激して痛みが生じる場合があります。
 血管が拡張するのは血液が熱を持ってしまっているためなので、これには単純に頭部を冷やすことが効果的です。
 ただし、冷やしすぎると逆に血管が収縮しすぎてしまい、これが原因で頭痛を引き起こす場合もあるため、冷やすときには氷嚢をタオルでくるむなどして、直接は冷やさないようにするのがいいです。
 また、冷やす部分はこめかみや首等、太い血管が通っている部分が効果的です。

『部屋を暗くして、休む』night
 前項で述べた夏の日差しですが、これは身体を熱する以外にも、光による刺激も含まれています。
 人間の身体は強い光に対してはストレスを感じることがあるため、頭痛が起こってしまった場合には暗く適温に保たれた涼しい場所で休息をとることも効果的です。
 サングラスをかける、帽子をかぶるなどで光を遮断し、予防することも効果が期待できます。

『コーヒーを飲む』cafe
 コーヒーに含まれるカフェインには、血管を収縮させる効果があります。
 最初の項で述べたとおり、夏に起きる頭痛は主に血管の拡張による神経刺激なので、カフェインによって拡がった血管を縮めるのも効果が期待できるのです。
 しかし、冷やすのと同様に収縮しすぎることによって頭痛の原因になってしまうことが考えられるため、飲みすぎには注意が必要です。
 薄めの少量。ブラックではなく、カフェオレ等がいいかもしれません。



 最後に・・・・・・

『頭痛に効くツボ』hospital
 お手軽で一番実行しやすい方法かもしれません。
 今回ご紹介するのは、『攅竹(さんちく)』と呼ばれるツボです。↓



 ちょうど眉の付け根にあるツボで、ここを押すことで頭痛や目の疲れ等を和らげる効果を期待できますgood



 ↑上の図のように、鼻をかむような動作で行うと自然に押せるかと思います。


 以上ですend



 いくつか紹介させていただきましたが、如何だったでしょうか?
 
 頭痛で悩まれている方は、ぜひともお試しください。

 もうしばらく暑い日が続きますが、皆さまが健康でありますようにrun

投稿者 関目治療院スタッフ

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31